試合速報

2018年6月9日 (土) 14:03

ノエスタ

AWAY

横浜FM

1

試合終了
0 - 1
1 - 0

1

HOME

神戸

試合レポート試合トップ

前半戦レポート

 ノックアウトステージ進出をかけて行われる第2戦、アウェイでヴィッセル神戸と対戦する。2点のアドバンテージで乗り込んだF・マリノスのスタメンは、FWにユン イルロクが入った以外は水曜日の第1戦と同じ10人。
 試合は神戸のキックオフで始まる。立ち上がり、F・マリノスはしっかりボールを握って神戸陣内に攻め込む。2分・山中から仲川へのサイドチェンジのロングパスが渡ると、4分・9分・11分とアグレッシブに仕掛けてFKを獲得。12分には天野のパスを受けた山中がドリブル突破を試みてCKをゲットする。
 F・マリノスが優位に試合を進めていたのだが、この1分後、自陣でのビルドアップが乱れたところを突かれて反撃を受ける。ミドルシュートがポストを直撃して跳ね返ったところを、神戸MF藤田にダイレクトで決められ、先制を許す。
 リードされたF・マリノスは、19分、23分と攻撃の形をつくり、24分に絶好機が訪れる。山中がオーバーラップした金井へ展開。金井がが左の深いところから折り返すと、このパスがニアに走り込んだ扇原へ。扇原はフリーでシュートしたが、相手GKの好セーブに阻まれた。
 その後もペースを握ったF・マリノスは、セットプレーなどで神戸ゴールに向かう。30分、天野の左からのグラウンダーのクロス。33分・山中のアーリークロスをファーの仲川が狙う。だが、フィニッシュには至らず、前半は0-1で折り返す。

後半戦レポート

 この試合は1点のビハインドだが、トータルでは1点のアドバンテージをキープしているF・マリノスだが、迷わず、いつもの攻撃的なサッカーを目指す。
 序盤から両サイドにボールを集め、突破からのチャンスメークを図る。5分、天野がラインの間に走って顔を出してパスを受けると、持ち上がって山中にパス。山中の折り返しを仲川が右、角度のない位置から右足シュートを放ったが、GKにセーブされた。その直後には、扇原がバイタルエリアからふわりと浮き球でのラストパス。ユン イルロクが走り込んだが、GKに抑えられる。
 さらに7分・天野のFKから金井がヘディングシュートを合わせたがクロスバーの上へ。この直後にF・マリノスは最初の選手交代で、ゴールゲッターのヴィエイラを投入。13分、扇原がFKから直接シュートは狙うなど、F・マリノスのペースは変わらない。17分、F・マリノスは2人目の選手交代を行い、中町が中盤に入った。すると、1点が必要な神戸も勝負に出て二枚代えを敢行。
 この勝負どころで発揮されたのが、ヴィエイラの決定力だった。21分、まず中町が左の大津に送り、大津がクロスを入れると、待っていたのがヴィエイラ。右足できっちりとミートして、ネットを揺らした。ヴィエイラの公式戦3試合連続ゴールによって1-1のタイに戻すとともに、トータルのアドバンテージ再び「2」に広げた。
 ここからF・マリノスは、両サイドの幅を使いながら安定したビルドアップで、神戸にスキを与えない。そして、時折りスピードアップして縦パスなどを中心に相手ゴールを脅かす。40分にはヴィエイラがクロスをヘッドで合わせたが、これはクロスバーの上に外れた。
 44分に3人目の選手交代でイッペイ シノヅカが入ってからもF・マリノスの流れは続き、4分のアディショナルタイムもフリーでのシュートシーンをつくらせない。そして神戸のヘディングシュートが枠を外れたところで試合終了のホイッスル。F・マリノスは1勝1分で、神戸を破りノックアウトステージ進出を決めた。
この試合のコンテンツ一覧

関連情報

NEXT MATCH
天皇杯 3回戦

横浜F・マリノス

横浜FC

2018/07/11(水) 19:00

TV放送予定:スカパー!

NEXT MATCH
明治安田生命J1リーグ 第18節

HOME

横浜F・マリノス

AWAY

清水エスパルス

2018/07/28(土) 18:00

年間チケット先行入場 15:30 一般開門 16:00
日産スタジアム

TV放送予定:DAZN